商標登録の指定商品の分類表は次の通りです

商標の化学商品の第1〜第5分類

    第1分類から第5分類は化学関係の商品を扱います。

  1. 指定商品 第1分類

    第1分類は化学品等を扱います。

  2. 指定商品 第2分類

    第2分類は染料、塗料等を扱います。

  3. 指定商品 第3分類

    第3分類は化粧品等を扱います。

  4. 指定商品 第4分類

    第4分類は燃料等を扱います。

  5. 指定商品 第5分類

    第5分類は医薬品等を扱います。

商標の機械商品の第6〜13、第19分類

    第6分類から第13分類、第19分類は機械関係の商品を扱います。

  1. 指定商品 第6分類

    第6分類は工業用金属等を扱います。

  2. 指定商品 第7分類

    第7分類は機械製品等を扱います。

  3. 指定商品 第8分類

    第8分類は手動工具等を扱います。

  4. 指定商品 第9分類

    第9分類は電子関連機器等を扱います。

  5. 指定商品 第10分類

    第10分類は医療機器等を扱います。

  6. 指定商品 第11分類

    第11分類は住宅店舗用装置等を扱います。

  7. 指定商品 第12分類

    第12分類は乗り物等を扱います。

  8. 指定商品 第13分類

    第13分類は自衛隊関連機器等を扱います。

  9. 指定商品 第19分類

    第19分類は非金属建築材料等を扱います。

商標の雑貨繊維商品の第14〜28、第34分類

    第14分類から第28分類、第34分類は雑貨繊維関係の商品を扱います。

  1. 指定商品 第14分類

    第14分類は身飾品等を扱います。

  2. 指定商品 第15分類

    第15分類は楽器等を扱います。

  3. 指定商品 第16分類

    第16分類は文房具等を扱います。

  4. 指定商品 第17分類

    第17分類はプラスチック材料等を扱います。

  5. 指定商品 第18分類

    第18分類はかばん等を扱います。

  6. 指定商品 第20分類

    第20分類は家具、プラスチック製品等を扱います。

  7. 指定商品 第21分類

    第21分類は台所用品等を扱います。

  8. 指定商品 第22分類

    第22分類は原料繊維等を扱います。

  9. 指定商品 第23分類

    第23分類は織物用糸を扱います。

  10. 指定商品 第24分類

    第24分類は織物等を扱います。

  11. 指定商品 第25分類

    第25分類は被服、靴等を扱います。

  12. 指定商品 第26分類

    第26分類は裁縫用品等を扱います。

  13. 指定商品 第27分類

    第27分類はカーペット、壁掛け等を扱います。

  14. 指定商品 第28分類

    第28分類はおもちゃ等を扱います。

  15. 指定商品 第34分類

    第34分類は煙草等を扱います。

商標の食品商品の第29〜第33分類

    第29分類から第33分類は食品関係の商品を扱います。

  1. 指定商品 第29分類

    第29分類は加工食品等を扱います。

  2. 指定商品 第30分類

    第30分類は加工植物食品等を扱います。

  3. 指定商品 第31分類

    第31分類は未加工食材、生きている動物等を扱います。

  4. 指定商品 第32分類

    第32分類は清涼、ビール等を扱います。

  5. 指定商品 第33分類

    第33分類はアルコール飲料等を扱います。

商標登録の指定役務(サービス)の分類表は次の通りです

商標の産業役務の第35〜第40分類

    第35分類から第40分類は産業関係の役務を扱います。

  1. 指定役務 第35分類

    第35分類は広告、事業管理、小売サービス等を扱います。

  2. 指定役務 第36分類

    第36分類は金融、保険、不動産サービス等を扱います。

  3. 指定役務 第37分類

    第37分類は建築業等を扱います。

  4. 指定役務 第38分類

    第38分類は電気通信サービス等を扱います。

  5. 指定役務 第39分類

    第39分類は輸送、旅行サービス等を扱います。

  6. 指定役務 第40分類

    第40分類は物品の加工サービス等を扱います。

商標の一般役務の第41〜第45分類

    第41分類から第45分類は一般関係の役務を扱います。

  1. 指定役務 第41分類

    第41分類は教育、スポーツ関連サービス等を扱います。

  2. 指定役務 第42分類

    第42分類はデザイン、ソフトウエア提供サービス等を扱います。

  3. 指定役務 第43分類

    第43分類は飲食提供、宿泊施設提供サービス等を扱います。

  4. 指定役務 第44分類

    第44分類は医療関係サービス等を扱います。

  5. 指定役務 第45分類

    第45分類は冠婚葬祭関係サービス等を扱います。

指定商品または指定役務の選択について

一商標一出願の原則に従って、商標登録の分類表から適切な指定商品、指定役務を選択する必要があります。

(Single trademark on each application)

第六条 商標登録出願は、商標の使用をする一又は二以上の商品又は役務を指定して、商標ごとにしなければならない。

Article 6 An application for trademark registration shall be filed for each trademark and designate one or more goods or services in connection with which the trademark is to be used.

2 前項の指定は、政令で定める商品及び役務の区分に従つてしなければならない。

(2) The designation provided for in the preceding paragraph shall be made in accordance with the class of goods and services provided by Cabinet Order.

3 前項の商品及び役務の区分は、商品又は役務の類似の範囲を定めるものではない。

(3) The class of goods and services provided for in the preceding paragraph shall not be perceived as prescribing the scope of similarities of goods or services.

このページの先頭へ